【効果なし?】バルクオムが口コミがいい理由を徹底調査!!

バルクオムはメンズスキンケアで口コミでも話題になり芸能人も愛用し雑誌でも紹介されています。
何がそんなにすごいのか?疑問をもつ人も多いと思いますのでバルクオムの特徴をまとめていますので参考にしてみて下さい。

 

【目次】

  • バルクオムが効果的だと人気があるのはなぜ?
  • バルクオムの有効成分
  • バルクオムでニキビ肌を予防

 

バルクオムが効果的だと人気があるのはなぜ?

男性というのはあまりスキンケアをしっかりとしている人は少ないのではないでしょうか。
しかし年齢を重ねるごとにお肌が荒れやすくなるのは女性よりも男性だと考えられています。

 

その理由がお肌の水分量が男性の方が少ないからなんです。

 

いわゆる乾燥肌という肌質になりやすいため大人ニキビが繰り返したりまたカミソリ負けをしたり
といろんな肌トラブルをひき起こしてしまいます。

 

バルクオム,効果

 

水分量が減ってくるとそれを補おうとして皮脂が過剰に分泌する傾向があります。
なのでべたつきやすい肌質なのに実は皮膚の内部はカサカサの状態というインナードライ状態になってしまいます。

 

乾燥してしまったお肌に洗浄力の強い洗顔料で洗顔してしまうとどうなるのか?
お肌がべたつくから化粧水を使うのはやめておこうとか?

 

いろんな間違ったスキンケアを行うことで症状は悪化してしまうんです。

 

バルクオムはそういった乾燥しがちな男性特有のお肌のメカニズムをしっかりと理解し
正しいケアができ健やかなお肌にしてくれることで評判が高いんです。

 

バルクオムの有効成分

バルクオムは乾燥してしまった男性のお肌に潤いを与える有効成分が配合されています。
それがリンゴ幹細胞エキスです。

 

バルクオム,効果

 

リンゴ幹細胞エキスは非常に希少生の高い奇跡のリンゴと呼ばれるエキスを配合しています。
注目したいのが圧倒的な保水力なんですね。

 

高い保水効果があるため乾燥しがちなお肌に潤いを与えることができます。

 

バルクオムでニキビ肌を予防

お肌がしっかりと潤いを取り戻すことでニキビを予防することに繋がります。
いつまでもなぜかニキビが治らないと悩んでいるのであればそれはお肌の潤いが不足してるからかもしれません。

 

ニキビの原因というのは毛穴がつまることですよね。
毛穴によけいな皮脂や汚れ、老廃物が蓄積されることでアクネ菌が増殖しニキビの症状となります。

 

この毛穴のつまりの原因となる皮脂は乾燥肌の場合過剰に分泌さしてしまう性質があります。
外的刺激から守るようにバリア機能が人のお肌には働いてるのですが水分不足により機能が低下します。

 

低下した機能をサポートしようと皮脂がいつも以上に働いてしまうんです。

 

保湿で皮脂分泌を抑える

お肌内部にまで潤いが保つことができればバリア機能が回復しますので皮脂分泌が抑制できます。
皮脂分泌が適切になればニキビの発生率を抑えることに繋がります。

 

また水分量と油分量のバランスがうまくとれている状態であればターンオーバーがうまく働いてくれます。

 

※ターンオーバーは老廃物を排出し新しい細胞と生まれ変わること

 

ターンオーバーが乱れている状態であればニキビができやすくお肌トラブルが起きやすいので
正常にすることでニキビ肌を防ぐことが期待できます。

 

バルクオムではニキビ跡は治らない?

ニキビ跡で悩む男性ってとっても多いんですよね。
ニキビが悪化してしまうことで跡になってしまうわけでなのですがニキビをつぶしたりまた洗顔を
やり過ぎたりすることでなってしまいやすいんです。

 

ニキビ跡は痛みや炎症はないのですが赤みが残ったりシミのようになったりしてしまいます。
また最悪、クレーター状態になってしまうこともあります。

 

赤みあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡の正体というのは毛細血管なんです。
傷んだ細胞を回復させようと集まってきてるものが赤く見えている状態なんですよね。

 

なのでニキビによって傷んだ細胞がちゃんと回復することで
赤みも薄くできると考えられます。

 

そのためターンオーバーを適切にコントロールしていく正しいケアが求められます。

 

シミのようなニキビ跡

メラニン色素が増殖し色素沈着してしまうことでシミのようなニキビ跡になることがあります。
ダメージを受けた細胞の回復はもちろんメラニンを排出し抑制することも望ましいケアとなります。

 

ここでもターンオーバーが重要になりますしまた紫外線などからお肌を守ることで
メラニン色素が過剰に増えないように対策することも必要になります。

 

クレーターとなったニキビ跡

凸凹状態となってしまったニキビ跡をクレーターと呼びます。
ここまで悪化した症状になってしまうとターンオーバーが正常に働いたとしても自己回復は難しいです。

 

某芸人さんもクレーター状態が何年も治っていないのがその証拠ですよね。
問題なのは真皮層にまでダメージを受けてしまってる状態であることです。

 

自宅のケアで治すような症状ではなく病院で診察を受けてみる方が早いでしょう。

 

このようにバルクオムはニキビ跡を治すスキンケアではなくそれをサポートする役割がある
イメージの方がいいと考えられます。

 

お肌にとって正しいスキンケアを行うことで健やかなお肌にしていくことでニキビ跡を予防ができるのは
大きなポインとなるでしょう。